株式会社ライフの、トップページへ 株式会社ライフの、会社概要へ 株式会社ライフの、優良性評価制度についてへ 株式会社ライフの、お問合せへ
株式会社ライフ 地中埋設物撤去工事へ 株式会社ライフ 土壌汚染の浄化・撤去・処理へ 株式会社ライフ 産業廃棄物収集運搬へ 株式会社ライフ 解体工事業へ 株式会社ライフ 環境コンサルタントへ
ご挨拶
会社概要
環境方針
優良性評価制度について

私たち現代人の生活環境は非常に豊かなものである一方、日常生活から日々大量に発生する廃棄物や排気ガスによる環境破壊が大きな問題となっております。
 まずは限られた自然や資源の保全を社会全体で取り組むのが急務です。さらに、企業並びに国民はもっと環境問題に取り組み、「廃棄物とは自分が捨てたゴミである。」ということを理解し、今後は省資源化の促進、ついては廃棄物の減量化・再資源化・再利用化の技術向上による循環型社会の形成を構築し環境保護活動を行うことが、より一層、強く求められております。
 時代は、大量生産・大量消費・大量廃棄物型の現代社会の在り方から持続可能なものへと転換していかなければなりません。
 ライフは「適正処理で美しい環境を守る」をテーマに廃棄物減量化及びリサイクル技術のご支援を通し循環型社会の形成を目指し生活環境の向上と地球環境保全に貢献していくことを目的として事業活動を行っております

代表取締役 田手 充
最終更新日2018年6月1日
会社名 株式会社ライフ
本社所在地 宮城県仙台市太白区土手内一丁目23番15号
事務所 宮城県名取市高舘吉田字東内舘33-1
名取営業所
車両基地
宮城県名取市高舘吉田字東内舘33-1
代表取締役 田手 充  (就任年月日平成18年9月6日)       平成30年6月1日現在
設立年月日 平成 18年 9月 6日
資本金 10,000,000円
取引銀行 七十七銀行 長町支店
杜の都信用金庫 本店
三菱東京UFJ銀行 仙台支店
事業内容
1. 環境整備に関する施設の施工管理並びにコンサルタント業
2. 産業廃棄物及び一般廃棄物の収集・運搬・処理区分に関する事業並びにコンサルタント業
3. 特別管理産業廃棄物及び特別管理一般廃棄物の収集・運搬・処理区分に関する事業並びにコンサルタント業
4. 水質、土壌、大気汚染の検査・分析に関する業務
5. 土壌汚染の浄化工事の請負及びその斡旋
6. 製鋼原料の回収及び販売
7. 建築土木工事の施工並びに管理に関する業務
8. 廃棄物処理施設のレンタル、販売、修理
9. 建設機械、建築資材のレンタル、販売、修理
10. 建造物解体工事の請負及びその斡旋
11. 一般貨物自動車運送事業
12. 古物売買業
13. 前各号に付帯する一切の事業
取得資格 破砕・リサイクル施設技術管理士
産業廃棄物中間処理施設技術管理士
最終処分場技術管理士
二級建設機械施工技士
解体工事施工技士
特定化学物質等作業主任者
危険物取扱者 乙4種
みちのくEMS みちのくEMS

●企業名:株式会社ライフ 代表取締役 田手 充
●認証登録範囲(サイト)
 事務所:宮城県名取市高舘吉田字東内舘33-1
●認証登録番号 No.09011
●初回認証登録日   2009年10月29日
●有効期限    2019年10月28日

登録証書はこちら
みちのくEMSとは?


認証番号 m-ems09011
地域版EMS
相互認証
産業廃棄物処理業係わるエコアクション21との相互認証
●相互認証機関
 平成29年7月14日〜平成31年7月13日
登録証書はこちら
※エコアクション21を取得したわけではありません。
優良性基準適合認定制度(東京都認定) 産廃プロフェッショナル

●認定 : 第2種評価基準適合業者
●業の区分 : 収集運搬(積替え保管を除く)
●認定番号 : 2-13-D0087
●有効期間 : 平成32年3月31日

登録証書はこちら
環境方針
基本理念
私たちは、地球環境問題を人類永遠の課題と捉え、社員全員がこの共通の意識のもとに、社内外におけるあらゆる活動を通して、環境負荷の低減、環境保全の実現のために積極的に努力します。

基本方針
1.株式会社ライフは、事業活動を通じて、社会に対して環境保全の取り組みを積極的に展開します。

2.環境目的と環境目標を定め、全社員は一致協力してその達成に努める。
  目的と目標は定期的に見直します。

3.社内のあらゆる活動において発生する環境に及ぼす影響を常に認識し、以下の項目に取り組み、汚染の予防ならびに継続的改善に努めます。
  @大気への放出(二酸化炭素排出量
  A水への排出(水の使用量)
  Bエネルギーの使用(電気・軽油)
  Cグリーン購入
  D事業所からの廃棄物の排出量
  E受託した廃棄物の処理に対する環境配慮活動

4.環境側面に関する法規制、協定及びその他の要求事項を順守します。

5.この環境方針は全社員に周知するとともに、一般にも公開します。